面接の注意点とは?

面接は、採用か不採用かを分ける大変大事な段階です。面接官によい印象を与えられるよう気を配りましょう。

 

面接時の服装
清潔感を与えられるような、落ち着いた色のスーツやジャケットを着用してください。女性の場合は、アクセサリーやメイクにも気をつけてください。派手なものは避けましょう。また、踵の高いヒールなどは避け、ロングヘアはひとつに束ねたほうが印象がいいです。

 

面接当日は時間よりも早めに到着
遅刻はもってのほかです。病院に着いたら受付で氏名と面接に来た旨を告げてください。人材紹介会社の紹介で面接を受ける場合は紹介会社の名前も伝えますが、人材紹介会社を経由して面接を行う場合には、担当者が同行することが多いので、担当者と待ち合わせとして、一緒に志望先の医療機関や企業に行ってください。

 

面接
面接の部屋に通された後、面接官が到着したら、立ち上がって、「○○と申します。本日はよろしくお願いします」と挨拶をしましょう。面接官から着席するよう言われたら「失礼いたします」と言って座ります。また、先に面接官が部屋で待機している場合は、ドアをノックして「失礼します」と声をかけ、「どうぞ」の声が聞こえたら入室します。入室後、挨拶をして、面接官に着席を促されてから着席してください。

 

面接が始まってたとえば、「自己紹介をお願いします」と言われたら、名前と職歴を簡潔に伝えます。その後、面接官が履歴書などを手にしながら質問しますが、仕事に対する意欲と情熱が伝わるように話しましょう。なぜこの病院で働きたいと思ったのか、自分が希望する仕事に対して活かせる経験やスキルなども伝えましょう。

 

女性

こうしたことは、事前に準備していないと取り留めのない話し方になっていしまいます。ですから、事前に面接官の質問を想定し、自分の言葉でしっかりと話せるように、声を出して練習しておくことも大切です。

 

また、受け答えは常に笑顔で、ハキハキと答えるように心がけましょう。